ひむかの国から・・・・・・きままに撮った写真を紹介しています


by mako

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
風景
光景
日常
ペット

お酒
音楽

スポーツ
美味しい物
日向市の見どころ
乗り物
旅先

おまけ
お水遊び
野菜・果物
宮崎県の見どころ
生き物系
赤いシリーズ
モノクロ
季節
背中
子供
テーブルフォト

タグ

(242)
(237)
(188)
(173)
(164)
(158)
(143)
(102)
(92)
(68)
(59)
(59)
(44)
(41)
(36)
(34)
(34)
(33)
(32)
(32)

検索

フォロー中のブログ

お立ち寄り処・ふう
あじっこがゆくっ!
Just be ・・・
slow life-annex
日々フォト。 !!! c...
paltal's cas...
風の色を探して。。。
Power Spot i...
little islan...
Breathing
行雲流水 (竹平登司一...
日向市の雑貨屋ファミーユ
Let's try "P"

覚書き

【Camera 】
★Canon EOS 5D Mark II
★Canon EOS 60D
★Canon EOS 40D
★Canon EOS kissDX
★FUJIFILM XF1
★RICOH GRDⅡ
★Lumix DMC-FX01
★Lomo Fisheye No.2


【 Lens 】
★Canon EF70-300mm
 F4-5.6 IS USM
★Canon EF90-300mm
 F4.5-5.6USM
★Canon EF-S18-200mm
 F3.5-5.6 IS
★Canon EF-S10-22mm
 F3.5-4.5 USM
★Canon EF50mm F1.4
★Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
★TAMRON SP AF Di 90mm
★TAMRON AF 18-200mm
 F3.5-6.3
★SIGMA 15mm F2.8 EX DG
 FISHEYE
★SIGMA24-70mmF2.8 IF EX DG
★Lensbaby

【 sora blog 】
soraちゃんの
Today's Photo

【 宮崎のパワースポット 】
MIYAZAKIのパワースポット

【 お友達リンク 】
続・日々のあわ
保険屋おじちゃんTokaipia Photo Diary
風景の記憶
延岡のアーカイブをつくる。
山元酒店のブログ 
仁淀川日記
ばあばの気まぐれ日記
☆photography★
ラバの日記
海幸花月亭の社長ブログ

【宮崎オススメ情報サイト】
宮崎情報サイトmiten 
宮崎県北情報サイトげなてん




画像一覧

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

霧島

a0052156_20281920.jpg
【霧島連山】
以前に撮った写真です
一番右は高千穂峰だけど
新燃岳は一番左かな?

そして以前取り上げた小説【死都日本】
先月末Amazonで注文、珍しく2週間かかり
昨夜から読み始めました

a0052156_20284020.jpg


まだ1/4くらいしか読んでないけど・・・
なんか ドキドキする小説です

小説だけど科学的な裏付けがしっかりしているので

火山の噴火でココ数千年に起きたものに対しては
調査でメカニズムなどの詳細が判っているが
万年規模で起こった巨大噴火などは伝説として取り扱われている
(こういう規模のものでも今起きてもおかしくない・・・とか)

宮崎では何度も破局的噴火がおきており
(みんなTVで見た事のある)10年前の雲仙普賢岳の火砕流を
千個横に並べ、更に400倍した程の大火砕流(@_@)に何度もあっている・・・とか
(この時の灰の堆積は100~200mあるそうです)



そして 登場人物の名前とか風景とか宮崎弁(訳のルビあり)が
とても馴染みがあり目にその光景が浮かんでくるので
ヤバいぐらいリアルに感じます

昨夜、結構遅くまで読んでいて
ふと気付いたらTVが付いたままで・・・
音声は流れておらず何だろう?っと観てたら
a0052156_2028508.jpg


霧島の土石流がおこる可能性のある河川数ヶ所のライブ映像が交互に流れていて・・・

小説と現実がゴッチャになり思わずブルってしまいました^^;


読む前は なんで宮崎が舞台やとけ?とムカついてたけど

考えた事もなかった天孫降臨よりずっと前の宮崎を知る事ができ良かったかな

さて、続きを読みましょうっと



 
by box25056 | 2011-02-14 22:24 | 風景 | Comments(4)
Commented by トウカイピア竹平 at 2011-02-15 09:45 x
小説【死都日本】,作者はお医者さんだと聞いています。
火山学者も驚くほど、勉強していると言っていりました。

火山学者、早川由紀夫氏のtwitterも批判もいろいろあるようですがリアルな情報として見ています。

makoさん探すけどtwitter見つからんのですけど?
Commented by ととろん at 2011-02-16 22:05 x
話題の”死都日本”読みました

ほんとに小説とは思えないくらい

地質に、火山に、そして地理に詳しい・・・

たいへん勉強になりました

現実もこれくらい危機管理できれば・・・

望むべくも ありませんが・・・
Commented by mako at 2011-02-17 22:39 x
☆トウカイピア竹平サマ ~こんばんは♪

そうそう死都日本の作者石黒耀さんは宮医大出身のお医者様ですよね
なのに火山学者並みの知識だし、多方面に博識な方で
ホントに面白い小説でした(たった今、読み終わりました)
まだノンフィクションのような気がしています
日南方面が舞台だし 竹平サンが読むとかなりリアルかも~

早川氏についても某地震掲示板にて時々名前が登場していたので
知ってましたが・・・さっきフォローしました
はい、竹平サンもフォローしました(*^^)v
しかし・・私 登録はずいぶん前ですが 全くつぶやいてませんf(^^;)
Commented by mako at 2011-02-17 22:40 x
☆ととろんサマ ~こんばんは♪

読まれたんですね^^
私もあの分厚さの本を昼休みと夜だけの3日でさっき読み終えました
難しい事を判り易く説明してあるので読み易かったし
<画像で見る死都日本>というサイトと県南の地図を見ながら
読んでいたので臨場感がさらに倍増☆(笑)
以前、ととろんさんのブログで飫肥城壁などの灰石が
姶良火山の入戸火砕流だった話を読んでいたので知ちょる~っと突っ込み^^
あのお水を貰った井戸も本当にあるそうです。下調べ凄過ぎ!!
宮崎の知らない事いっぱい知れて良かった!!

こんな首脳陣の日本・・・カッコいいですね~ 
最後に嗚呼これは小説なんだなと実感しました☆(笑)