ひむかの国から・・・・・・きままに撮った写真を紹介しています


by mako

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
風景
光景
日常
ペット

お酒
音楽

スポーツ
美味しい物
日向市の見どころ
乗り物
旅先

おまけ
お水遊び
野菜・果物
宮崎県の見どころ
生き物系
赤いシリーズ
モノクロ
季節
背中
子供
テーブルフォト

タグ

(242)
(237)
(188)
(173)
(164)
(158)
(143)
(102)
(92)
(68)
(59)
(59)
(44)
(41)
(36)
(34)
(34)
(33)
(32)
(32)

検索

フォロー中のブログ

お立ち寄り処・ふう
あじっこがゆくっ!
Just be ・・・
slow life-annex
日々フォト。 !!! c...
paltal's cas...
風の色を探して。。。
Power Spot i...
little islan...
Breathing
行雲流水 (竹平登司一...
日向市の雑貨屋ファミーユ
Let's try "P"

覚書き

【Camera 】
★Canon EOS 5D Mark II
★Canon EOS 60D
★Canon EOS 40D
★Canon EOS kissDX
★FUJIFILM XF1
★RICOH GRDⅡ
★Lumix DMC-FX01
★Lomo Fisheye No.2


【 Lens 】
★Canon EF70-300mm
 F4-5.6 IS USM
★Canon EF90-300mm
 F4.5-5.6USM
★Canon EF-S18-200mm
 F3.5-5.6 IS
★Canon EF-S10-22mm
 F3.5-4.5 USM
★Canon EF50mm F1.4
★Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
★TAMRON SP AF Di 90mm
★TAMRON AF 18-200mm
 F3.5-6.3
★SIGMA 15mm F2.8 EX DG
 FISHEYE
★SIGMA24-70mmF2.8 IF EX DG
★Lensbaby

【 sora blog 】
soraちゃんの
Today's Photo

【 宮崎のパワースポット 】
MIYAZAKIのパワースポット

【 お友達リンク 】
続・日々のあわ
保険屋おじちゃんTokaipia Photo Diary
風景の記憶
延岡のアーカイブをつくる。
山元酒店のブログ 
仁淀川日記
ばあばの気まぐれ日記
☆photography★
ラバの日記
海幸花月亭の社長ブログ

【宮崎オススメ情報サイト】
宮崎情報サイトmiten 
宮崎県北情報サイトげなてん




画像一覧

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

忠臣学生服の看板

島野浦の路地
スーパーカブの上に設置されていた
どう使っているかは全く不明

a0052156_22260670.jpg
島野浦に渡っていたとき
たまたまロカール局が取材に来ていて
アナウンサーの方とバッタリ出会いチョットお話&記念撮影
この方も路地マニアだったそうで
イイところがあったよと教えて頂いたさきの
路地にあったのがこの看板バイク

たまたま今日放送されていたので観ていたら・・・
この看板も出ていました^^

***

聞いたこともないメーカーだなと思い調べたら
やっぱマニアの方いらっしゃるんですね
学生服看板考察」ってのに載っていました

▼西川本店(廃業) 
倉敷市児島小川にあった西原本店は、明治2年(1869)、足袋縫製業創業。
昭和3年(1928)、「忠臣印」で学生服製造に乗り出すが、昭和44年(1969)1月倒産

琺瑯看板探検隊が行く」参照


キンチョールとかオロナミンCとかの
有名な琺瑯看板は今も現役の会社だけど
半世紀ほど前に廃業されている会社の看板が
離島でまだ何かわからないことの役に立っているって
なんか楽しい~☆





by box25056 | 2015-04-11 23:05 | 光景 | Comments(2)
Commented by 510 at 2015-04-12 07:20 x
非常に古めかしくてノスタルジーな感覚を呼び起こす琺瑯看板ですね。UMAに代わって、新しいテーマとしてOLDも良いかもしれませんね。

昨晩は、40年以上前の中学校同窓の有志が集まっての飲み会でした。面影を残しつつも全く変貌した者も少なくなかったです。自分も含めてかもしれませんが。^^;)

物が少なくて、少し不便であり、時間の流れがゆっくりしたあの時代を懐かしんで語り合いました。

その飲み会への途中、若草アーケード街を通ったのですが、古くからあった和食の店が取り壊してありました。そこだけ歯もげ状態でした。

その更地の背後には、今まで人目に晒されることのなかった朽ちかけた建物群の姿が目に入ってきました。廃墟写真家には生唾モノであるかのような風景でした。「シャッター商店街問題」の根深さの一因を垣間見た気がしました。

古き良き時代へ振り返らせてくれるmakoさんの写真に感謝です。
Commented by box25056 at 2015-04-12 19:50
☆510サマ ~こんばんは♪

OLD!いいですねぇ 私路地マニアですが実は廃墟マニアでもあるんです。いっぱいチェックはしてあるんだけど、URI(DAIGO風に)がいるかもしれないのでまだ二の足踏んでます^^;

あの看板を琺瑯看板というのも今回初めて知ったのですが、琺瑯だったからこそ多少の劣化老化は否めないけど今でも存在しているのですよね。あ、510サンの同窓会の方がこの看板より少し若いかもしれないけど・・・同じくらいの変貌具合でしょうか(笑)

若草通のアーケード、うちの祖父のお葬式をした教会があったんですが今はマンションになったんだっけ。街も変貌していきますね。日向の商店街も区画整理で次々壊されていくんですが残った周辺がそんな感じです。チョット寂しくもあります。
新しいテーマ、ありがとうございます^^  by mako